User Tools

Site Tools


osh:w5500_ethernet_shield_jp

W5500 イーサネットシールド

概要

  • ARM mbed と互換動作可能
  • Arduinoピンと互換動作可能
  • イーサネット(W5500ハードワイヤードTCP/IPチップ)

W5500イーサネットシールドはW5500を元に制作されました。W5500の詳しい情報は下段のリンクを確認して下さい。W5500イーサネットシールドは3.3Vと5Vの環境で動作します。このイーサネットシールドはArduinoのプラットフォーム、またはARM mbedのプラットフォームと互換して使用されます。

使用可能なボードリスト


Getting Started

  • W5500 Ethernet shieldを使用するために、ArduinoIDEに含まれているWIZnet Ethernet LibraryのUpdateが必要である。(必須
  • 下のリンクを参照してください。

言語

特徴

  • 3.3V/5Vの環境で動作。
  • 高速イーサネットコントローラW5500チップ使用
  • 使用者が使うGPIOピンを選択可能
  • SPIインターフェイス
  • Tx/Rxバッファー用内蔵メモリ32Kbytes
  • 10/100イーサネットPHY搭載
  • 自動ネゴシエーション(Full and half duplex, 10 and 100-based) サポート
  • 以下のハードウェアTCP/IPプロトコルサポート: TCP, UDP, ICMP, IPv4, ARP, IGMP, PPPoE
  • ストレージにするためにSD-cardスロットサボート
  • I2C/UARTインターフェイスサボート

ハードウェア構成

  • RJ-45とトランスフォーマー:イーサネットポート
  • W5500:ハードワイヤードTCP/IPイーサネットコントローラ
  • リセットピン:押すとイーサネットシールドとArduinoをリセット
  • SDスロット:FAT16やFAT32のマイクロSDカードサポート(注意事項を読んでください)
  • I2C:I2Cインターフェイス
  • UART:UARTインターフェイス

Arduino & ARM mbed ピンを使用

W5500イーサネットシールドはGPIOピンを使用者が選択できます。

  • 使用者がチップセレクトを変更して他のモジュールにも使用可能
  • 他のボードと重畳して使用可能

Caution) 注意)使用者が5Vプラットフォームを使うとき、SDカードの動作は信頼性が低い。しかし、十分なテストをした後なら使用可能。信頼性を求めるならバッファーと100nFコンデンサーを設置して使用をおすすめします。


SPI Operation & Timing Diagram

SPIオペレーション

W5500イーサネットシールドにはW5500チップが使用されました。ですのでSPIオペレーションやタイミングダイアグラムはW5500と同一です。詳しい情報は下のW5500チップのデータシートをご覧ください。


Technical Reference

ブロックダイアグラム

  • バッファーなし

  • バッファーあり

概略図

パーツリスト

ディメンション

  • W5500 Ethernet shield Rev1.0 Dimension


Etc.

 参考

WizWiki Forum : WIZnetの技術的サポートやプロジェクトを共有するフォーラム

http://wizwiki.net/wiki/doku.php?id=osh:ioshield-a:start : WIZnet WIZ550ioの技術的サポート

http://wizwiki.net/jp : WIZnet 日本ブログ

製品概要: 追加予定


osh/w5500_ethernet_shield_jp.txt · Last modified: 2015/06/19 16:41 by jinhee.ahn